コトノハ|編集と出版
  •          
  •          

ごあいさつ


新しい時代




新しい時代の、名前が決まった日

ぼくは家で妻とテレビを見ていた

黒塗りの車が皇居へ向かって走り

ぐんぐんと他の車を抜かして

新しい時代の名前を運んでいた


新しい名前になるからには

新しい生活がはじめられるだろう

ぼくは押入れに何年もしまったままだった荷物を出し

近所のゴミ捨て場に持っていって

新しい時代の幕開けを待っていた


さあ変わるぞ、さあ新しい時代だ

これまでの時代にはなかったことが

きっと存在してゆけるはずだ

そうに違いない、そうだそうだ


あっけなく発表された新しい名前をみて

ぼくは妻と友人を誘って川崎へ行った

川崎の丸一という大衆酒場には

新しい時代の幕開けを祝う人たちが

こぞって祝杯をあげていたように見えた


さあ新しい時代だ

さあ新しい時代だ



2019年5月14日 コトノハの言の葉

     
書店さまへ
注文書はこちらをご覧ください

コトノハの雑誌・本|Publication

コトノハメディア135 コトノハがわかる

ローカルを盛り上げる読み物。仕事が楽しくなるマンガ、あり〼。

お知らせ|News

お知らせ一覧ページへ
PAGE TOP