コトノハ|編集と出版

仕事実績|Works

KANSAI SUPER STUDIO 公式WEB

KANSAI SUPER STUDIO 公式WEB

(株)寛斎スーパースタジオ 様

  • WEB内容編集
  • コピー制作
  • ライティング

ファッションデザイナー、イベントプロデューサーの山本寛斎さんが会長を務める株式会社 寛斎スーパースタジオ様のホームページリニューアルにあたり、ウェブの編集およびコピー制作を担当させていただきました。

kss_0011
kss_0021
kss_004-2

山本寛斎さんという強烈なオリジナリティをもつ方の
会社のホームページリニューアルは、長期間におよぶ仕事となりました。

まずトップページにあらわれる「Hello!」という言葉は、
寛斎さんがこれまでプロデュースしてきた
大規模なイベントのタイトルに
よく使用されていた言葉でした。
元気が出る、ハッピーになる、
そんな「Hello!」というシンプルな言葉を
トップページに掲げ、その次のページには、
ボタンを2つ配し
2つのテーマにコンテンツを分けました。

1つは、これまでの仕事実績を紹介する「Works」ページ。
この「Works」ページには、
「こんなことをやっています」というキャッチを付加。

2つ目のコンテンツは、時代の変化にともない
クリエイティブスタジオとしての寛斎スーパースタジオ様が
今後やっていきたいことをまとめたページです。
このカテゴリーには「Super7」というネーミングを付け、
キャッチには「こんなことを考えています」という
わかりやすい言葉を選択しました。

そもそも、寛斎スーパースタジオ様との
打ち合わせの中で見せていただいた、
会社を設立した当初制作されたパンフレットに込められた、
山本寛斎さんの創業当初の思いを、
このホームページリニューアルにあたりあらためて
この新しい時代に、新しいかたちで復活させてみよう
という狙いもありました。

また、先に挙げた2つ目のコンテンツカテゴリーとしての
「Super7」は、
「ラッキー7」として普段から親しまれている
「7」という数字を設定し、
今後、寛斎スーパースタジオ様がやっていきたい仕事を
7つに分けました。

コトノハは、「本を作る会社」という
キャッチフレーズの会社ではありますが、
同時に言葉を扱う会社でもあります。
私たちの「本作りの」力を、ウェブでも
発揮させていただいた
とても楽しくて新しい仕事でした。

>>寛斎スーパースタジオ

>>クレジット
—————————————-
プロデュース/老松尚武(KSS
CD/佐藤豊美(東京デザインアパートメント
編集長.C/針谷周作(コトノハ
AD.D/白須慎之(color
WEB/高松憲司(Boogie Graphics

PAGE TOP