コトノハの雑誌・本|Publication

わがしごと

新刊
わがしごと

世界が注目する、
小さな商店街の
和菓子屋の物語。

space

東京大田区上池台の商店街・長原に小さなアトリエを構える創作和菓子ユニット「wagashi asobi」。 そこで売っている商品は2品だけ。 国内外の様々なメディアに注目される彼らが、大量生産や販路拡大をあえて行わず、地元に留まるのはなぜなのか? 和菓子や日本文化を通じて、仕事、商売、そして 日々の暮らし方を見つめ直す一冊。

タイトルにこめられた6つの意味

「わがしごと」とは「和菓子ごと」「wagashiごと」「わが志ごと」「我がしごと」「わが仕事」「わがし毎」と、6つの掛け言葉から成る。 現代の商業化する和菓子に向けての警鐘や地方創生へのアプローチなど。職業とはなにか? 仕事をするとはどういうことか? 独立を考える和菓子職人さんはもちろん、和菓子好きな方、サラリーマンから独立を考える方、仕事に悩むビジネスパーソンにも響くメッセージが詰まった一冊です。

>お詫びと訂正

コトノハストアからお買い求めいただけます。

PAGE TOP